岩水 俊季(いわみず としき)

経歴

1963年 島根県 隠岐の島生まれ
大阪社会体育専門学校卒業

スキーは高校生の頃に始め20歳のころにはSAJ1級を取得した。

専門学校卒業後は、ちょうどバブル絶頂期でスキー場は大賑わい。

ちょうど ‘“私をスキーに連れてって“ ’が上映された時代で、その頃からスキーの指導に携わる。

スキーのかたわら水泳のインストラクターとしても活躍。

当時のインストラクター業は今では想像もつかない憧れの存在でした。

その後バブルが崩壊、仕事も独立し、しばらくはスキーから遠ざかる。

2011年、知り合いからの誘いがあり、滋賀県箱館山で小学生のスキー指導を手伝うことになった。

そこで運命的な再会をする。

専門学校の講師、恩師と出会ってしまった。

「岩水君。久しぶりね。来年も手伝い来てくれるわよね」
返事に選択肢はなかった 「はい」と答えた。

そのスキー指導は今も続けている。

そんな中、指導仲間や先輩のすすめもあってスキークラブに入る。

そこで、このコブレッスンと出会うことになった。

ある程度コブは滑れていたものの、年齢もいい歳だし、膝に持病もあり、コブは楽しいが、怪我をしては仕事に影響する。

しかし、こんなにゆっくりで優雅に、しかもかっこ良くコブを滑る。こんな滑り方があったのか!と感動する。

これが自分にもできたなら、まだまだ、今からでもスキーも向上させることが出来るだろう。

63歳迄に自分のコブのカッコいい写真が撮りたい。

そんな願いを叶える為、今回 鷲ヶ岳のスタッフの仲間入りをさせて頂きました。

メッセージ

今から、ここから、僕たちと一緒に素晴らしいコブの世界に一歩を踏み出してみませんか?

趣味・資格

水泳、魚釣り、エアコン修理

岩水コーチ担当の鷲ヶ岳会場のレッスンはこちら


TOP
TOP