コブの出口で、まるで時が止まったかのような余裕を作り出す【ブーツを引く動き】

今日はこちらの動画を紹介させて頂きます。

どのような動作を意識して滑った動画かと言いますと、コブにぶつかった後に、ブーツを引く動きを大きく使うことで、コブの出口付近で、全く暴走する気配の無い滑りを意識したものです。

「ブーツを引く動きはとても大切です。」

上り斜面でやや後ろになった前後ポジションを戻すとともに、(上り斜面でブーツが少し前にでるのは自然な行為です)ターン後半とのブレーキと合わせて使うことで、次のコブに入る落下前にまるで時が止まったかのようなスローモーションな感覚を得ることができます。

この感覚が得られれば、コブ滑走にものすごいゆとりをもたらしてくれるはずです!

また、ブーツを引く動作の利点として、上半身を大きく使った伸び上がりとは違い、胸が雪面を向いたまま、つまり背中の前傾を崩さずに、伸びた姿勢を作ることができます。

上半身を大きく使った伸び上がりでの切り替えしから、次のステップといったところです。

コブの中で合理的な滑りを求める前段階、低速のコブ滑りの中で、ぜひ身につけておきたい動作の一つですので、ぜひチャレンジしてみてください。

こちらの動画のように、整地から身につけてみてください!

各地のスクールでも安定したコブ滑走の重要ポイントとして、積極的に取り入れている練習です。ご自身で習得の自信の無い方はぜひスクールもご活用ください!

「ゼロから歩むコブ攻略の道」いよいよ配信開始!

自らはスキー初心者からスタートし、人気のコブ専門インストラクターにまでなった「小保内雅行」の人気シリーズコブレッスン!

ゼロから歩むコブ攻略の道

まったくコブが滑れないコブ初心者の方に寄り添った安全でわかりやすいコブ斜面の滑り方レッスン

見て実践してサポートも受けられる動画+オンラインレッスン形式でお届けします!

現在、第1巻〜第4巻まで絶賛販売中!

商品詳細はこちら

あわせて読みたい

配信中レッスン動画&DVD