身体を大きく動かす=ウエイトの移動 2024/2/17,18白馬五竜コブレッスンレポート

担当、小保内より

今週のレッスンのテーマは密脚でコブを滑ろう!

ポイントは
1,外足荷重の強化
2,内脚操作の強化

なのですが、今回はあまりたくさんの事をやり過ぎると混乱するかも・・ということで、1の外足荷重の強化を中心にレッスンさせて頂きました。

外足荷重って当たり前すぎて、聞き飽きているかもしれませんが、やってもやっても尽きないポイントですね。

・プルークでシンプルな体重移動
ブーツの上に頭を移動させる
スキーの側方(直角方向)に身体を運ぶ

・切り替えしのキッカケとして伸び上がりを使う
伸び上がった時に次の外足で立つ
伸び上がりながらスキーの回旋が同時にスタートする
⇒スキーが下を向きながら横にスライドする動きへとつながります。
外手を回転外側に伸ばす外手プッシュなどのドリルが有効ですね。

とにかく最初は身体を大きく使う事を心がけましょう。

身体を大きく動かす=ウエイトの移動

コブに行ったらどうせ動きは50%OFFになるということも計算に入れておきたいですね(笑)

・コブでの通り道
今回はコブにぶつかる場所はコブの外端を使いました。
(素早い回旋の後、できる限りコブの壁にブーツをめりこませる)
出口を横移動して抜ける
(コブが深くなると出口の通り道が狭くなるので難易度アップ)

出口の抜け方を学んだだけでも、皆さんだいぶ滑りに余裕が出てきましたね!

この辺は、コブを滑る経験値を増やさないと身につかない部分ですね。

慣れてきたら、横移動の量を減らしてリズムアップしていきましょう!

密脚という視点においては、まずは外足荷重が的確であるということが前提になります。

さらに、同時に内脚の操作も必要になります。

この外足荷重を的確にしながら内脚を操作するという2つの事を行う点で密脚は難しいんですよね〜

その難しさを楽しみつつ、コブが上達していけると嬉しいですね!
今回のご参加ありがとうございました!

白馬五竜でのコブレッスンは4月下旬まで開催中!スケジュールのご確認はこちら

あわせて読みたい

配信中レッスン動画&DVD