モーグルからコブの基本を学ぼう!尾瀬岩鞍コブレッスンレポート[2022/02/09]

2/9(水)尾瀬岩鞍でのコブレッスンレポートをお届けします。

 今回から、東北担当の弟と合流しての、レッスンとなりました。

初回は、中級クラスを担当させて頂きました。

今回のテーマは、前傾の強化と、ストックワークの強化。

前傾姿勢のポイントは、

胸が雪面を向き、お尻が空を向く。

逆が後傾姿勢という基準を作っています。

同時に、

股関節を主に曲げて、膝はついでに曲がる程度

これも、逆になると後傾だと考えております。

近頃は、スキーを走らせるために、極端な前傾を嫌う方が結構いますが、これについては、あくまでもきちっとした前傾がとれた前提での、調整の話だと私たちは考えています。

「前傾が強すぎるとスキーが詰まってしまう。」

これに、対して調整をしていくことは良いことですが、そもそも前傾が不足している方が、これを意識すると、ただ単にスキーな置き去りにされている暴走スキーヤーになってしまいます。

ですので、今回のレッスンでも、

まず詰まるくらい前傾してみましょう。

コブで潰れてみましょう。

からスタートしました。

ところが、動画を見るとこれだけ前傾したのに、「たった、これしか、傾いてないの!?」 と、驚愕の事実な気づいたりもします。

そして、この前傾に大きく関わるのが、ストックワークですね。

特にストックを突いた時の反対の手の使い方が、切替しで遅れるのか、前傾していけるかに関わってきます。

今回テーマにした前傾と、ストックワークは、モーグル選手から学べることが、たくさんありますね!

私も、モーグルのようには滑れませんが、、オリンピックを見ながら大いに学ばせて頂いております!

▼この動画も前傾に有効ですので、参考になさってみてください!

尾瀬岩鞍コブレッスンの予約はこちら

会場をまたいでレッスン参加可能なお得なシーズン会員も用意しております。こちらもよろしければご検討ください!

「しげさんのコブ攻略は一歩ずつシリーズ」大人気販売中!

理論と笑いが交錯する!超分解型コブレッスン

歯科医から転身した異色のコブ専門のスキーインストラクター、しげさん

理論的で非常に細かく分解されたレッスンは、コブ初心者が安全にステップを踏めると大人気のレッスン!

また、初心者だけではなく上級者も唸る細かさに新たな発見と上達のヒントが満載!

現在、第1歩〜第5歩まで絶賛販売中!

商品詳細はこちら

あわせて読みたい

配信中レッスン動画&DVD