こんな状態からターンできるの?と感じる違和感を大事に!【2024/1/27~28尾瀬岩鞍コブレッスンレポート】

2024/1/27~28に尾瀬岩鞍で開催された、「脱ズルドン!コブでの回し込みターンへマイナーチェンジ」のレッスンレポートをお届けします。

ご参加頂いた皆さん、ありがとうございました!

2024/1/27
初級2
脱ズルドン

担当:小保内祐一

ズルドンベースからマイナーチェンジでターンに魅せる

下ズラシターンに横移動を入れ、横下ターンへ移行

ポイントは、
下ズラシ時の荷重(自分の身体の重さを谷ブーツに集めること)
谷足で立つ練習を行いましたね。
立ててキープできればオッケーです。
超わかりやすい基準です。

次に山足で立つ
これは、主にターン前半の荷重を意識したトレーニングです。谷に比べ難しかったと思います。

こんな状態からターンできるの?と感じる違和感を大事にしてください。その違和感が無い時はフワッとと外足を開き出してる可能性大です

そして最後に前後バランス
テールが楽に浮くポジションであったり
常に脛圧を感じる
だったり、ご自身の感覚の基準作りを大切にしてくださいね。

他にも様々注意点ありますが、多すぎると混乱すると思うので、この3つを今後の練習に活かしてください!

本日はご参加頂きありがとうございました。
またのご参加をお待ちしております! 

2024/1/28
初級2クラス
担当:小保内祐一

今回の目的:
ズルドンでコブの基本を確認しつつ、脱ズルドンへのベースを作る

下り斜面でブレーキをかけ、コブの出口にぶつかったら切り返す。ぶつかった所で止まらない。

1.ブレーキのギュ〜
谷腰の下に谷ブーツポジションをキープし、谷の腿におへそを近づけるようなイメージでブーツに荷重する。
決して、谷足を谷側に蹴り出してブレーキをかけないこと。
外手を谷側に伸ばし続けるような動きの練習を行いましたね。

スキー板に直角方向に目線やストックリング、上半身を運ぶことで、スキーをカーブさせるのではなく、ズラす動きを身につけたいです。

2.切り替えし時の内脚操作
外足荷重とセットで覚えたいのが内脚操作です。外足の軌道を邪魔しないよう、荷重は外だけど、内脚も膝を外に返すような動きを同時に身につけちゃいましょう。
今回行った手で誘導するような練習が効果的です。

この2点と、ご自身の動画見比べていかがでしょうか?

きっと、ご自身の弱点といいますか、課題がはっきりすると思います。

コブ滑りの基本となる動きですので、ぜひ反復して身につけていきましょう! 

今回のポイントも2~3ポイント!

他にも注意する点は沢山あると思いますが、今回の行ったポイントをまずはしっかり抑えてから次のポイントへ!ですね^^

コブでの基本をまずはしっかりマスターしましょう!

尾瀬岩鞍のコブレッスンスケジュールはこちら

 

「ゼロから歩むコブ攻略の道」いよいよ配信開始!

自らはスキー初心者からスタートし、人気のコブ専門インストラクターにまでなった「小保内雅行」の人気シリーズコブレッスン!

ゼロから歩むコブ攻略の道

まったくコブが滑れないコブ初心者の方に寄り添った安全でわかりやすいコブ斜面の滑り方レッスン

見て実践してサポートも受けられる動画+オンラインレッスン形式でお届けします!

現在、第1巻〜第4巻まで絶賛販売中!

商品詳細はこちら

あわせて読みたい

配信中レッスン動画&DVD