スキーを操作はスキーのトップを狙った場所に向けるだけではない!

こんにちは、小保内雅行です。

1月の白馬五竜でのレッスンにご参加頂いた渡辺様より、レッスンの感想を頂きましたのでご紹介させて頂きます!

非常に有意義な講習でした。

コブにぶつかるときに両足を前後差なく揃えるとうのが!!!でした。

またPivot操作で自分に足りない部分がよくわかって、これからの練習につながりました。

自分の滑りが上達した気分です。

渡辺様、ご参加ありがとうございました!

この回は、ピポット操作をテーマに中級クラスを担当させて頂きました。
 
スキー操作は自分が向かいたい場所にスキーを向けるという事だけではありません。
その後の、スキーを横まで向けたり斜め横に向けたり、止まる動きをした際には角を少し立てたりとスキー操作は様々な動きがあります。
それらが全て出来て、ようやくスキー操作が出来ていると言えますね^^
 
ズルドンの低速から5合目付近を狙った滑りを行いましたが、5合目付近を狙うと足を伸ばす動き。そして体がついていく動きがまだまだ未完成でした。
という事はまだまだ低速での動き、今回はズルドンでしたので完璧なズルドンを習得しなくてはいけないという事が分かって頂けたのではないでしょうか!
 
ズルドンは、スキーの回旋やズレる長さが一番動かさないといけない動作ですので、完璧なズルドンを絶対に習得すべき滑りですね!
完璧なズルドンが出来てこそ、コブ攻略の一番近道だと自分は思っています!
 
ピボット操作でのズルドンは、別会場でご参加頂いたこちらのお客様からも感想を頂いています。

動画:ズルドン脱却その前に!完璧なズルズルドン”ポン”

ズルドン=低レベルな滑りではない! あなたはズルドンに対してどんなイメージを持ってますか? ズルドン=下手くそな滑り、低レベルな滑り、コブ初心者がする滑り、こんなイメージを持っている方が多いことに時々ビックリします・・ 私はまったく逆で、「ズルドン=コブの基礎である!」そう考えています。 多くの方が、

・ズルドンから脱却したい
・ズルドンしかできない
・あの人の滑りはズルドンだ
・ズルドンならできるのよ

このように多くの方がズルドンから早く脱却したいと考えます。 ところが多くの方がズルドンから脱却できないでいます。

なぜ、ズルドンを脱却できないのか? それは、ズルドンがまだ完璧ではないからではないか? そんな考えからできたのがこの動画です。 ズルドン脱却その前に!このくらいは最低でもクリアできてなければズルドン脱却などありえない!という基礎の部分を収録した2019年リリースのコブ攻略レッスン動画!

この動画の視聴はこちら

あわせて読みたい

配信中レッスン動画&DVD