一人では気付けない自分の弱点を見つけて頂き、これからの自主練習時に意識して行いたいと思います。

こんにちは、小保内雅行です。

2月に尾瀬岩鞍でのレッスンにご参加頂いた、I様よりレッスンの感想を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

昨日はレッスン有り難うございました。 思いがけなくプライベートレッスンになり中身の濃いレッスンを受ける事が出来ました。

レッスンで指導して頂いた頭の位置、ストックを突くタイミング等、一人では気付けない自分の弱点を見つけて頂きこれからの自主練習時に意識して行いたいと思います。

心配頂いた膝の方は少し熱を持ち腫れていますが湿布をして様子を見ています。

今週の土曜日は元気にレッスンに参加したいと思いますので宜しくお願いいたします。

I様、レッスンご参加ありがとうございました!

この日はプライベートレッスンとなり滑りの中で出来ていない事や、今後どうすればいいのかという細かい内容でレッスンが出来ました。

まずは、頭の位置関係。

横ずらし、切り返し時にどうしても頭がスキーのトップ側に突っ込みすぎてしまってましたので、あえて後傾を意識させてみました。

すると、丁度いい頭の位置で滑ってくることが何度が出来ていました。

レッスンでは、頭が突っ込みすぎて滑っている方には後傾を意識させ、逆にお尻が雪面の方に落ちてしまう方には体が潰れるイメージでという形を意識させています。

その方の滑りのポジションによって、変えています。

ですので、自分の滑りではどうなっているのか?見て指摘してもらい、後傾を意識するのか。体が潰れるイメージを取るべきか。を行ってみましょう!

あくまで、頭が突っ込み過ぎか後傾になり過ぎの場合ですので、いいポジションにいる方はこの意識は必要ありません。

 

ストックを付くタイミング。

このタイミングがズレると、切り返しでバランスを崩しやすくなったりしやすいです。

ズルドンの低速で例えるなら、コブにスキーが当たった時に付いてあげるとスムーズな切り返しが出来てきます。

逆に、コブに当たった時にストックを付かずにスキーが動いてからストックを付いてしまうと思い通りな切り返しができなくなってきます。

このタイミングを間違えること無く、練習に励んでみてくださいね^^

 

プライベートレッスンは、その方の弱点や今後必要なことを細かくレッスン出来ますね!

3月のプライベートレッスンは尾瀬岩鞍で行います!

まだ空きがある日程もありますので、ぜひご参加ください^^

プライベートレッスンの予約はこちら

 

「ゼロから歩むコブ攻略の道」いよいよ配信開始!

自らはスキー初心者からスタートし、人気のコブ専門インストラクターにまでなった「小保内雅行」のデビュー作!

ゼロから歩むコブ攻略の道

まったくコブが滑れないコブ初心者の方に寄り添った安全でわかりやすいコブ斜面の滑り方レッスン

見て実践してサポートも受けられる動画+オンラインレッスン形式でお届けします!

現在、第1巻〜第3巻まで絶賛販売中!

商品詳細はこちら

あわせて読みたい

配信中レッスン動画&DVD