自然コブは、滑りながらどこを通るか判断するために自身が持っている限界スピードを超えないコントロールが必要!【2024.2.12尾瀬岩鞍レッスンレポート】

日付:2024/2/12
クラス:初級2担当小林秀人
テーマ:脱ズルドン コブの中でターン
目的:
内容のおさらい:
ズルドン(横滑り)を応用、発展させて、コブの中で円い弧を描き、連続ターンをする。
 
そのメニューとして、
①横滑りを洗練させる
整地で横滑りを確実なものにする。前傾姿勢、外傾姿勢、外向姿勢を再確認する。この三つの姿勢がひじょうに大切。
 
②斜め下にジグザグに滑り降りる横滑りに発展させる
横滑りになれてきたら、上半身を下にむけたまま、左右の移動を繰り返しながら斜面の下に滑り降りる。
すると、ズルドンの動きと同じ感覚でターン弧を描くことができるようになる。
 
③コブの中で上記②の動きをする
斜め下に滑り降りるズルドンは、動きがスムーズになると、だんだん普通にターンをしているように見えてくる。
 
前傾姿勢、外傾姿勢、外向姿勢ができていると、スムーズにターンを描くことができる。
 
今回もレッスンを受講していただき、ありがとうございました。
日付:2024.2.12
クラス:中級
担当:小保内雅行
テーマ:自然コブ攻略
 
レッスン内容:自然コブは基本的に急斜面にできます。
まずは、急斜面に対応出来るポジション作りが必要となってきますね。
急斜面でいいポジションに入る為には、傾きが一番重要と考えます。
股関節の折りたたみ方ですね。
斜面が急になればなるほど、低い姿勢を作らなければならないですね。
いいポジションに入った上で、ズラす方向を変えて行きました。
 
下方向から始まり、斜滑降方向です。
斜滑降方向の横滑りでも、下方向の横滑りのポジションと一緒。
そこから実際、自然コブに入ってみると下方向、斜滑降方向だけでは無いと感じたと思います。
どの方向に横滑りしても、ポジションは一緒ですね。
 
自然コブは、自分で何処を通るか?何処で切り返すのか?判断しなければいけません。
滑りながら、その判断するには自分の限界スピードを超えないようにコントロールしながら滑る必要があります。
その為に、今回のような様々な横滑りを伝えさせて頂きました。
 
切り返しでは、外足重心移動、身体の落とし込み。
スネにブーツが当たる感じを意識してもらいました。
今回はずっと、スネの意識でしたね。
それを感じれるポジション大事にしていきましょう!
 
最後の方には、リードチェンジを行いましたが外足先行では無く、内足先行の意識に変えて行きましょう。
自然コブ攻略には他にもやる事はありますが、まずは今回行った事を完璧にして行きましょう!
全ての動きは、いいポジションがあってこそですね!
ご参加ありがとうございました!

尾瀬岩鞍のコブレッスンスケジュールはこちら

「ゼロから歩むコブ攻略の道」いよいよ配信開始!

自らはスキー初心者からスタートし、人気のコブ専門インストラクターにまでなった「小保内雅行」の人気シリーズコブレッスン!

ゼロから歩むコブ攻略の道

まったくコブが滑れないコブ初心者の方に寄り添った安全でわかりやすいコブ斜面の滑り方レッスン

見て実践してサポートも受けられる動画+オンラインレッスン形式でお届けします!

現在、第1巻〜第4巻まで絶賛販売中!

商品詳細はこちら

あわせて読みたい

配信中レッスン動画&DVD