自分で判断できる基準を持つという事がとても大切です!【2024/1/26尾瀬岩鞍コブレッスンレポート】

2024/1/26の尾瀬岩鞍で開催した、レッスンレポートをお届けします。

ご参加頂いた、皆さんありがとうございました!

2024/1/26
初級2クラス
コブの基本ズレをコントロール
担当:小保内祐一

今回の目的:
ターン後半のズレ、前半のズレを使い、暴走しない滑りを身につける。

コブ滑走の二つの基本を重視して練習しました。

1.前後ポジションの強化
2.左右バランス外足荷重の強化

1について、形ではなく自分の感覚で確認できる基準を決める。
今回は、停止で構えた状態でお尻を浮かせた時に楽にテールが浮くポジショ
それができれば、後は個人差があっても構わない。

2についても、基準を決めました。的確な外足荷重ができているか?をどうやって自分で判断するかは、片足で立つ事ができるかを基準とする。

この自分で判断できる基準を持つという事がとても大切です。

基準があれば、もう少し前、もう少し外という判断が自分でできるようになりますね。

斜滑降で谷足て立つ
→ターン後半での谷足荷重

斜滑降で山足で立つ
→ターン前半の外足荷重へ繋げる

山足で立ってそのままターンに持ち込む動きは、ターン前半で外足荷重&回旋の強化につながります。

外膝タッチドリルも同様です。

最後には皆さん、前後バランスがかなり整ってきましたが、今回意識して滑った前加減が、ギリギリ前であってまだまだ強化が必要です。
外足荷重に関しては、ドリルを行った時はかなり良かったですが、実践ではまだ甘いですね〜

今回のドリルを反復して頂き、またぜひ一緒に練習しましょうね!

 
日付:2024.1.26
クラス:中級
テーマ:等速で美しく滑る
担当:小保内雅行
 
レッスン内容:今回はリズムを上げずに、自分でスピードをコントロールするという事を目標に行いました。
今回のポイントは3点!
 
切り返し前のスキー操作、ひねり、重心移動
 
これだけでも完璧にすれば、自分の思い通りにコントロールしながら滑れます。
まずは、これを低速の中で完璧にする必要があります。
 
リズムを上げると、どの動きも出来なくなるので今回のスピードで行っていきましょう
自分の限界スピードを超えた瞬間に後傾になります。
 
限界スピードを超える前に今回行った内容を確実な物にしていきましょう!

細かい内容は沢山ありますが、まずは重要なポイントをしっかり覚えるという所を初級でも中級でも行いました。

1レッスンで10ポイントも20ポイントも行うと頭がパンクしてしまいますからね(笑)

まずは重要な2〜3ポイントをしっかりマスターし、そこから少しずつ新たなポイントを追加していくといいですね!

尾瀬岩鞍のコブレッスンスケジュールはこちら

 

「ゼロから歩むコブ攻略の道」いよいよ配信開始!

自らはスキー初心者からスタートし、人気のコブ専門インストラクターにまでなった「小保内雅行」の人気シリーズコブレッスン!

ゼロから歩むコブ攻略の道

まったくコブが滑れないコブ初心者の方に寄り添った安全でわかりやすいコブ斜面の滑り方レッスン

見て実践してサポートも受けられる動画+オンラインレッスン形式でお届けします!

現在、第1巻〜第4巻まで絶賛販売中!

商品詳細はこちら

あわせて読みたい

配信中レッスン動画&DVD