スキーの角付と荷重に頼りすぎて、スキーが回旋してくるのを待っていてはコブに間に合いません!2024/2/3鷲ヶ岳コブレッスンレポート

日付:2024/2/3
クラス:初級2
担当:松谷
あらゆるコブ滑りの土台!ピボット操作

自分自身でスキーの向きを替え、その方向を自在にコントロールするのが今回の目的です。

コブの間隔は非常に狭い場合もありますので、自らスキーの向き、方向づけを変えられる事が大切です。

また、その向きや方向づけに変えていくスピードも、自在に操れることが超重要です。

スキーの角付と荷重に頼りすぎて、スキーが回旋してくるのを待っていては、コブに間に合いません。

どうすればいいのか?

それはスキーの面での回旋です。

スキーの面を意識した滑りをするには、まずスタンス幅と両スキーを同調させて動かせることが大切になります。

初めはローテーションや回転の動きを使って、身体がスキーと同じ方向になってもいいので、スキーの面でスリップしいる足裏の刺激を感じ取ります。

ターンの質やシルエットは、一旦棚上げ!

スキーから伝わるズレ、スリップの足裏の感触を脳に伝えてあげてくだい。この感触を覚えれば、将来リズムが上がっても、何となくスピードが遅いよ〜。って感じになりますよ。

初級1の“とりあえず楽に滑る!回転を使ったコブ滑り”にどんどん難しいことをたしていきましょう。

それから両スキーの同調ですが、ツイストのドリルがおすすめです。強い回旋と素早い切り返しが身につきますし、ターンとターンのつなぎ目のぎこちなさも解消してくれます。

ツイスト、内脚をどかすドリル、逆ハの字ピボットを沢山練習してくだいね。

非常に硬いコブでしたが、スキー面の回旋を意識して、スピードコントロールされていた思います。

少し進んだレベルのラインどりもお話いたしましたが、コブに間に合わない、遅れる、の原因は回旋が不足している事が多いです。

角付、荷重は絶対に必要なものですが、必要だけど今は考えない!

動けるという事と回旋が大事です。

これかも安全スピードでコブ滑走を愉しんでくださいね。

鷲ヶ岳コブレッスンの詳細はこちら

「ゼロから歩むコブ攻略の道」いよいよ配信開始!

自らはスキー初心者からスタートし、人気のコブ専門インストラクターにまでなった「小保内雅行」の人気シリーズコブレッスン!

ゼロから歩むコブ攻略の道

まったくコブが滑れないコブ初心者の方に寄り添った安全でわかりやすいコブ斜面の滑り方レッスン

見て実践してサポートも受けられる動画+オンラインレッスン形式でお届けします!

現在、第1巻〜第4巻まで絶賛販売中!

商品詳細はこちら

あわせて読みたい

配信中レッスン動画&DVD