バランス良く滑る事も大事ですが、バランスを崩された時にも戻れる事がもっと大事です!2024/2/11鷲ヶ岳コブレッスンレポート

日付:2024/2/11
クラス:初級2
脱ズルドン!コブでの回し込みターンへのマイナーチェンジ(1級検定コブ対策にもおすすめ!)

今の滑りに少し意識を足して回し込みターンに魅せる!

まずコブ滑りのベースとなる練習の考え方を3つに整理して理解を深めてもらいました。

①技術
②運動
③バランス

練習するとき、ただ滑るに意識がいってしまいがちになりますが、この練習は何の練習なのか、目的は何か?の意識をする事が上達を早めると思います。

①コブ滑りでもっとも必要な技術は、スキーの面を使ったピボット的な回旋操作です。

足腰頭が下から見た時に一直線になる様なイメージで滑りましょう。

②運動で大切なのは身体が伸ばせる運動や、体重移動です。

ウエイトシフトのドリルで、勝手に外足荷重が強まり、中に身体が倒れない感覚を理解していただけたのではと思います。

そもそもコブで運動が出来ない、運動が止まってしまって、失敗につながるケースがほとんどですので、ためらわずに動きましょう。

③コブは足場がとても不安定な地形を通りますので、バランス良く滑る事も大事ですが、バランスを崩された時にも戻れる事がもっと大事です。

足踏みターンやリードチェンジで、普段と違う、違和感の中で滑ることも、ポジションの強化となりますので、違和感もときどき愉しみましょう。

コブの中では、

①切り返しピボットの回旋スピードを遅らせる。
②コブの中での目線を変える。

に焦点をあてました。

切り返しの回旋をゆっくりする分、仕上げの回旋は素早く、しっかりすることが必要となります。

また、コブの中でも目線をどこに持っていくかでも、滑りが変わりますので、目線はとても大切ですね。

今日は、横移動で壁に向つていくとき、ひとつ先の同じ向きのコブに目線を持っていくことで、皆さん内側への傾きがなくなり、壁の高い位置に入れてましたね。

レッスン後の補習(笑)。

ビデオには無いですが、壁の膨らみにトップから刺すようなイメージをつかめて良かったと思います。

でも、深くえぐれたコブでは禁止ですよ。

安全に安全にコブの愉しいラインどり。

また、一緒に滑りましょう!

鷲ヶ岳スキー場でのコブレッスンスケジュールはこちら

「ゼロから歩むコブ攻略の道」いよいよ配信開始!

自らはスキー初心者からスタートし、人気のコブ専門インストラクターにまでなった「小保内雅行」の人気シリーズコブレッスン!

ゼロから歩むコブ攻略の道

まったくコブが滑れないコブ初心者の方に寄り添った安全でわかりやすいコブ斜面の滑り方レッスン

見て実践してサポートも受けられる動画+オンラインレッスン形式でお届けします!

現在、第1巻〜第4巻まで絶賛販売中!

商品詳細はこちら

あわせて読みたい

配信中レッスン動画&DVD