スライド、スリップ、ドリフトetc・・ズレにも様々なイメージがありますね!2024/3/31白馬五竜コブレッスンレポート

日付:2024/3/31
クラス:初級2
テーマ:コブの基本!ズレのコントロール
担当:松谷

ズラす量、ズラす方向、ズラし方の使い分けで、ズレのコントロールを身につけるに集中してレッスンをいたしました。

まずはスキーの面を意識して、自分の力でスキーを動かし続ける。スキーの回旋がとても大切です。

大きく伸び上がる運動を使えば、スキーにかかってる重さが抜けますので、素早くスキーの方向を変える事が出来ます。

向きを変える回旋は理解しやすいですが、向きが変わったあとも斜面に切り上がる様にターン中はずっと回旋をさせれば、ターン前半でコントロール、ターンの後半でもコントロールと、二段階でスピードのコントロールをする事ができます。

また、身体の向きや進行方向をしっかり意識する事で、どれだけスキーを回旋させてるのか。させたいのかが、わかってくると思います。

午後はピボット操作を中心にズレのコントロールをしました。

ズラしと表現される中でも、スライド、スリップ、ドリフトなどなど言葉だけでも、ズレのイメージがずいぶん変わりますよね。

コブではターンの前半を回転できっかけを作り、後半は下への意識で、スキーの進む方向と自分が進みたい方向に差をつけて、少しひねられたような、脇腹の苦しい状態を感じてもらいました。

この少し苦しい状態で待つ事ができれば、加速も防げますし、次の切り返しも楽になります。

壁に進んでいくイメージや、回旋のスピードの調整、ズラしの強弱などなど、ズレをコントロールして皆さん春コブを楽しめたのではないかなと思います。

本日もご参加ありがとうございました。

白馬五竜コブレッスンのスケジュールはこちら

「ゼロから歩むコブ攻略の道」いよいよ配信開始!

自らはスキー初心者からスタートし、人気のコブ専門インストラクターにまでなった「小保内雅行」の人気シリーズコブレッスン!

ゼロから歩むコブ攻略の道

まったくコブが滑れないコブ初心者の方に寄り添った安全でわかりやすいコブ斜面の滑り方レッスン

見て実践してサポートも受けられる動画+オンラインレッスン形式でお届けします!

現在、第1巻〜第4巻まで絶賛販売中!

商品詳細はこちら

あわせて読みたい

配信中レッスン動画&DVD