ピボット操作・・スキーが切り替わって終了ではなく、回し込み続けなければならない。2024/2/2鷲ヶ岳コブレッスンレポート

日付:2024/2/2
クラス:初級2
テーマ:ピボット操作
担当:奥谷

目的:ピボット操作により、いつでもターンが出来る様になる。

内容のおさらい:基本となる良い姿勢、良いポジションを確認し、切り替え時に足を引きながらの前方への伸び上がり。そこを確認してから、ピボットの練習に入りました。

いつもピボット操作でお話をするのは、整地で行うピボットがいちばん難しいと言うこと。

自分のスキーの重心の確認。

大抵の場合、おおよそ母指球辺りに有るので、そこにしっかりと重さを乗せる。

ピボットするポイントです。

つま先過ぎると、トップ支点。

踵過ぎるとテール支点。

初めは少し踵寄りでトップを動かしてから、スキーを回し込んで行く練習をしました。

なれてくると、ツイスト運動や、ストックゲートドリルを使い、実際のピボット操作にさせていきましたね。

山スキーは、楽にさばけますが、肝心なのは、谷スキーです。

次の山スキーになるのですが、このスキーのさばきがとても難しく、大切になります。

大切なのはスキーを回し込み続ける事。

身体は逆に外向をし続けること。これにより、強い捻れが発生し、次のピボットの際の原動力に繋がります。

ピボットを上手に使えると、細かいコブにもコースアウトしないで低速で滑れますので、頑張って習得してください。

ワンターン停止を色々な斜面で練習しましたが、回し込み続ける事が足りないと、止まれずにスキーは前に流れてしまのいます。

エッジの強さに頼っても、スキーがガガガガーとなり、横滑りも増えてピタッと止まりません。

スキートップが上を向く迄、しっかりと回仕込みましょう。

ピボットがテーマでしたが、身体が回ってしまい、なかなか外向を維持出来ませんでした。なので外向をしっかりと何度も練習して、少しですが外向も意識出来るようになったと思います。

ピボットも、停止状態からは結構出来てきたと思います。

しっかりと外向を取れれば、ピボットも楽に成ってきますので、まずは外向、頑張りましょう。

鷲ヶ岳スキー場でのコブレッスンスケジュールはこちら

「ゼロから歩むコブ攻略の道」いよいよ配信開始!

自らはスキー初心者からスタートし、人気のコブ専門インストラクターにまでなった「小保内雅行」の人気シリーズコブレッスン!

ゼロから歩むコブ攻略の道

まったくコブが滑れないコブ初心者の方に寄り添った安全でわかりやすいコブ斜面の滑り方レッスン

見て実践してサポートも受けられる動画+オンラインレッスン形式でお届けします!

現在、第1巻〜第4巻まで絶賛販売中!

商品詳細はこちら

あわせて読みたい

配信中レッスン動画&DVD