おなじみのドリルにお好みで課題をプラス!2024/2/17鷲ヶ岳コブレッスンレポート

日付:2024/2/17
クラス:中級1
担当:松谷
テーマ:密脚でコブを滑ろう!外足荷重と内脚抜重

密脚で滑るための土台作り!

ただスタンスを狭くするという意識では無く、外足荷重でスキーの面を使った回旋のコントロールと両スキーの同調操作を意識してレッスンをいたしました。

まず、回旋のイメージですが、自分の真下でスキーの向きを変えるピボットや、プロペラ的なイメージや、自分の外を足が回るバンクにスキーを沿わす様な回旋イメージもありますよね。

コブではスキーが描く軌道の中に凹んだ部分や膨らんだ部分がありますので、スキーが自分の後ろから前に、前から後ろ回旋するといった縦の回旋イメージも必要なんです。

これをするには、左右のバランスに加えて前後のバランスがとても大切です。

練習ドリルとして、テールジャンプ、片足ドルフィンや内足リフト(内脚抜重)がおすすめです。

あと慣れてきたら、おなじみの簡単なドリルにでも、何かもう1つお好みで別の課題をプラスするとより効果がありますよ。

同調の練習としては、やっぱりツイストが最高です。かなり運動量が多いのでゆっくりツイストから練習して下さいね。

また内脚の使い方は逆ハの字ピボットや、切り返しで内スキーのテールを交差、内脚をどかすハンズオンニーがいいです。ドリルの目的もそうですが、股関節や自分の身体、ウエイトがどんな動き方になってるかの感覚を覚えましょう。

コブでも片足を上げるドリルやウエイトシフト(右移動、左移動)簡単なドリルをコブでもやりました。コブ中でも出来る事が大切です。

今日は雪のあるところを選びながのコブ滑走でしたが、スタンスもばらけず、回旋のコントロール、スキーも同調して、コブの出口でスキートップが下を向く様なかっこいい!瞬間も沢山ありました。

これかもいろんなラインどりで一緒にコブを愉しみましょう。

鷲ヶ岳スキー場でのコブレッスンはこちら

「ゼロから歩むコブ攻略の道」いよいよ配信開始!

自らはスキー初心者からスタートし、人気のコブ専門インストラクターにまでなった「小保内雅行」の人気シリーズコブレッスン!

ゼロから歩むコブ攻略の道

まったくコブが滑れないコブ初心者の方に寄り添った安全でわかりやすいコブ斜面の滑り方レッスン

見て実践してサポートも受けられる動画+オンラインレッスン形式でお届けします!

現在、第1巻〜第4巻まで絶賛販売中!

商品詳細はこちら

あわせて読みたい

配信中レッスン動画&DVD